治療について|膣のゆるみはクリニックで解決|女性としての自信を取り戻す

膣のゆるみはクリニックで解決|女性としての自信を取り戻す

治療について

困る女性

膣のゆるみは、クリニックで治療することができます。軽度の症状なら、トレーニングを毎日行なうだけでも解消できますが、尿漏れなどの日常生活に支障が出てしま症状が併発してしまうことがありますので、自分で改善できそうにないと判断したら専門のクリニックへ行きましょう。人によっては、恥ずかしいと思ってなかなか足を運ぶことができないと悩んでいる人もいますが、最近は気軽に相談へ行ける雰囲気のクリニックが増えています。膣のゆるみを解消する治療法としては、外科的な手術からプチ膣縮小術まで色々とあります。一度クリニックへ行って相談してみて、自分に合う治療法を医師に提案してもらってはどうでしょうか。

膣のゆるみを解消する方法としては、大きく分けて三つの方法があります。注入法、レーザー・高周波治療、切開・縫縮手術といった内容になります。注入法は、クリニックの中でも今注目されているものでヒアルロン酸を注入したり、脂肪吸引と注入したりします。ヒアルロン酸注入は、膣内に注入することで膣を狭くすることができます。元々この成分は、身体に必要なものなので副作用の心配はありませんし、自然と代謝されていきます。脂肪吸引と注入は、患者のお腹やお尻から脂肪を採取してそれを膣の粘膜に注入して狭くします。これも、自分の脂肪になるので安全です。レーザー・高周波治療は、照射することで膣組織を冷却し、粘膜下に刺激を与えます。そうすることで、コラーゲンが生成されて膣のゆるみを改善できます。切開・縫縮手術は、半永久的に効果を期待できる外科手術になります。膣入口の粘膜を切除することで、引き締め効果を期待できます。それぞれ特徴がありますし、メリット・デメリットもありますので医師と相談して決めてみて下さい。