放置してはいけない|膣のゆるみはクリニックで解決|女性としての自信を取り戻す

膣のゆるみはクリニックで解決|女性としての自信を取り戻す

放置してはいけない

婦人たち

人によっては、膣にゆるみが起こっているのを気付いていない、または放置しているという人がいます。確かに、ゆるみが起こっても不自由を感じないので放置している人が多いのかもしれません。ですが、40代以上の女性は膣のゆるみを放置しておくと意外な病気に発展してしまうこともあります。それは、子宮脱という症状です。子宮というのは、本来骨盤底筋群という筋肉によって支えられています。この筋力が弱くなってしまうと膣のゆるみが起こるのですが、放置してさらに悪化してしまうと子宮が下がってしまって膣の壁がめくれてしまったかのように外へ飛び出します。これが、子宮脱の主な症状になります。また、子宮の近くにある膀胱や直腸も下がってしまい、膣が膨れてしまったり、排尿や便障害が生じてしまったりします。性交する際も、痛みを感じることがあるので女性としては辛い症状に発展してしまうでしょう。

子宮脱になりやすい人というのは、大きな赤ちゃん産んだまたは双子を出産したことがある人、出産回数が多い、高齢出産だった人、肥満の人、慢性的な便秘で悩んでいる人、立ち仕事や重い荷物を持ち上げる仕事をしている人などです。これらは、膣の筋肉が弱まりやすくなってしまうので子宮脱になりやすいのです。治療方法は、軽度の場合だと骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操を行なう指導がされます。しかし、既に膣の外に子宮が飛び出してしまっている時はペッサリーというものを膣内装着します。そうすることで、位置を元に戻していきます。重篤な場合は、子宮の摘出や膣壁修復の手術などになります。ですから、膣のゆるみは放置せずにすぐに専門のクリニックで診てもらったほうがいいでしょう。